本文へ移動

法人概要

社会福祉協議会(社協)とは

社協ロゴマーク (全国共通)
社協ロゴマーク(全国共通)
 社会福祉協議会は、社会福祉法第109条において、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」として位置づけられ、全国・都道府県・市区町村にそれぞれ組織される、営利を目的としない地域福祉の推進を目的とする公的な民間福祉団体です。住民の皆様や法人から寄せられた会費や寄付金、行政からの公費補助等によって運営されています。
 社会福祉協議会は略して「社協」と呼ばれています。社協は、すべての人が安心して暮らせるまちにするため、住民や公私福祉関係者などの参加を得て一緒に考えながら、地域のコミュニティづくりをすすめていきます。

※ロゴマークは、社会福祉と社会福祉協議会の『社』を図案化し、『手をとりあって明るいしあわせな社会を建設する姿』を表現しています。昭和47年、全国社会福祉協議会20周年を記念して、公募によりデザインが選ばれ制定されました。

社会福祉協議会の性格・活動原則・機能(「新・社会福祉協議会基本要項」より)

社会福祉協議会の性格

社会福祉協議会は、

①地域における住民組織と公私の社会福祉事業関係者等により構成され、

②住民主体の理念に基づき、地域の福祉課題の解決に取り組み、誰もが安心して暮らすことのできる
地域福祉の実現をめざし、

③住民の福祉活動の組織化、社会福祉を目的とする事業の連絡調整および事業の企画・実施などを行う、

④市区町村、都道府県・指定都市、全国を結ぶ公共性と自主性を有する民間組織である。


社会福祉協議会の活動原則

社会福祉協議会は、次の原則をふまえ、各地域の特性を生かした活動をすすめる。

【住民ニーズ基本の原則】
広く住民の生活実態・福祉課題等の把握に努め、そのニーズに立脚した活動をすすめる。

【住民活動主体の原則】
住民の地域福祉への関心を高め、その自主的な取り組みを基礎とした活動をすすめる。

【民間性の原則】
民間組織としての特性を生かし、住民ニーズ、地域の福祉課題に対応して、開拓性・即応性・柔軟性を
発揮した活動をすすめる。

【公私協働の原則】
公私の社会福祉および保健・医療、教育、労働等の関係機関・団体、住民等の協働と役割分担により、
計画的かつ総合的に活動をすすめる。

【専門性の原則】
地域福祉の推進組織として、組織化、調査、計画等に関する専門性を発揮した活動をすすめる。


社会福祉協議会の機能

社会福祉協議会は、地域福祉推進の中核組織として、次の機能を発揮する。

①住民ニーズ・福祉課題の明確化および住民活動の推進機能
②公私社会福祉事業等の組織化・連絡調整機能
③福祉活動・事業の企画および実施機能
④調査研究・開発機能
⑤計画策定、提言・改善運動機能
⑥広報・啓発機能
⑦福祉活動・事業の支援機能

本会について

■法人番号
0700-05-005966
■名称
社会福祉法人千代田町社会福祉協議会
■主たる事務所
 (所在地)
〒370−0503  群馬県邑楽郡千代田町大字赤岩2119番地5
(千代田町総合保健福祉センター内)
■電話番号0276−86−6181(代表)
■FAX番号
0276−86−5444
■代表者
会長(理事長) 久保田 馨
■法人成立の年月日
昭和54年8月22日
■事業内容
1.社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
2.社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
3.社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
4.上記のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

会員制度

社協会員とは、社協の趣旨に賛同し、会費を納入していただいた個人・団体の方々を指します。社協の取り組みや活動は、皆さまからの会費や寄付によって支えられています。特に社協会費は重要な自主財源です。会員制度は強制ではありませんが、加入することによって、さまざまな福祉活動を支えることになります。今後も千代田町をよりよいまちにしていくため、千代田町社協への支援をどうぞよろしくお願いします。
種類
区分
会費額(年額)
一般会員
町内各世帯
一口  500円
特別会員
法人企業及び世帯大口
一口1,000円
賛助会員
社協の活動に特に賛同していただける法人企業及び世帯
一口5,000円

事業報告

交通アクセス

■〒370−0503 群馬県邑楽郡千代田町大字赤岩2119番地5

社会福祉法人 千代田町社会福祉協議会


〒370-0503
群馬県邑楽郡千代田町

大字赤岩2119番地5
TEL.0276-86-6181
FAX.0276-86-5444

Google

WWW を検索
 www.chiyoda-shakyo.or.jp を検索
 
5
0
2
0
8
4
TOPへ戻る